麓郷・開拓の歴史

歴史

麓郷の歴史は東大演習林が始まります。東大演習林の創設は明治32年です。麓郷は地元の人口が極めて少なく、演習林内に農耕に適した土地が5000ヘクタールもあったことから、林内殖民をすすめて労働力を得る方法がとられました。
その演習林の開拓は、山部地区が明治40年、西達布地区が明治40年、布礼別が大正6年にそれぞれ開拓がはじまりました。麓郷の原始林に初めて斧が入れられたのは、1918年。大正7年のことでした。東大演習林の指導で、付近から300人もの労働者が投入されました。
やがて、1921年。大正10年。いよいよ、第1次農地払い下げ希望者を募集したところ、76名が願い出ました。この1921年をもって、麓郷の開拓の始まりとしています。
この76名の中には、本州からの人もわずかにいますが、主に道内からの入植者です。
「もっと広い農地がもらえて、うまくいきそうな土地があるぞ」との話を聞きつけてとなりの布礼別からやってきた、20名も含まれていました。
開拓は、原始林の伐採に始まり、ササ刈り、火入れ、そして人力でたがやす、という果てしなく過酷な労働でした。原始林は、真昼でも暗いというような状態だったそうです。まずは、自分たちの食べるものを作らなければなりませんので、小麦、いなきび、そばなどを作りました。米が作れるようになったのはもっと後のことで、大正13年。 西麓郷共生会館前において稲を耕作し、10アールの収穫があったのが、麓郷の稲作の始まりだということです。入植者たちの住んだ家は、いわゆる「ほったて小屋」です。屋根は板ぶきで、壁は一重の板張り、床にはむしろが敷かれていました。入植してしばらくしても、畳の入っている家などほとんどなく、ゴザが強いてある家はゼイタクな方でした。そんな中を、真っ先に開拓に取り組んだのが、渡邊忠五郎さんです。渡邊さんは、大正8年、三軒屋に一時入植しましたが、翌大正9年。座間孝雄氏より布部演習林貸下げのことを聞き、第一陣の入地を希望し、大正10年5月に草分けとして移住しました。
渡辺さんは「かげ、ひなたなく、誠心誠意、開拓に部落発展に力を尽くした」と郷土史に書かれており、開拓功労者として表彰されています。その後、農地貸下げは昭和16年まで、ほぼ毎年行われ、総面積は1633.9531ヘクタールにものぼります。